1歳で手術するはめに

2人子供がいますが
結果として上の子だけが経験した現象です
10ヶ月ぐらいがすぎたころに
フト風呂上りに喉元下にプクっと腫れたものがあり
最初は冬場(11月)なのに珍しく蚊に刺されたかと呑気にしていたら
日に日にそれは腫れあがっていく
ニキビみたいに見えるのだが、大人よりもはるかに大きいサイズ
小豆大ぐらいまで大きくなって
さすがに夫婦あせって、病院に行く

なんか大病なんかじゃないのかと心配していたら
割とお医者さんは慣れた手つきで診断し「先天性嚢胞」と言われました
全く聞きなれていない病名だったので
最初はものすごい大病をもってしまったのかとショックを受けましたが
後々色んな人に聞くと割となってしまうものみたいです

その時はとりあえず潰すだけで解決
まだ0歳の子に全身麻酔の手術は危ないと言われたので
緊急の解決になりました
すぐにまた発生するかもしれないし
しばらくでてこないかもしれないという不安なコメント残して

結局その後半年ぐらい経過して再度発生
その際には1歳も過ぎていたので大丈夫でしょうということで
手術決定。親よりも早く人生で全身麻酔の手術をする
手術はさらに2か月ぐらい後になって
1歳半で行いました
大丈夫とは言われても全身麻酔の万が一があるので
不安を抱きながら手術の終わりを待った記憶があります
全身麻酔とは言っても、喉の下らへんを切ることには変わらないので
麻酔がきれたあと、痛くて暴れるだろうなと思ってたら
やはり1時間ぐらい痛みになれなくて暴れていました
その後の経過も問題なく翌日には退院できました

現在本人は9歳ですが、再発は一度もないし
手術の跡も多少わかりますが特に気になることはありません
早めに手術をしたおかげで良かったと思います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です